お問い合わせ
NASA学院公式Twitter

生徒の生徒による生徒のための学習塾
生徒たちの学力を上げるためにはいかなる苦労をも惜しまない専任講師による学習塾それがNASA学院です。

詳細を見る

 NASA学院は大田区の学習に根ざし、30年の歴史を積み重ねてきた地域密着型の綜合学習塾です。
 当学院は入塾テストを行いません。その理由は、生徒たちの能力の差は、それほどないからです。当たり前のことですが、今、成績の良い生徒でも、毎日の勉強を怠っていればズルズルと成績は下がっていきます。
また、その逆に、成績の良くない生徒でも、学習方法を少し変えることで顕著に成績が良くなっていきます。
その一例を挙げますと、中学2年の1月に入塾してきた生徒は、入塾時、都立高校志望でしたが下位ランクの都立高校に入学できるかどうかと思われる成績でした。
それが、2年生の3学期の通知表のポイントが3ポイント、3年生の1学期では11ポイント上がり、半年で合計14ポイントもアップしました。その結果、小山台高校に見事に合格しました。
このような例以外にも、年間3回ある個別面談で、保護者から「なぜ、こんなに成績が上がるのかしら」という声をよく伺います。では、なぜ生徒の成績がアップするのでしょうか。
 それは、NASA学院の指導方針である『面倒見第一主義』により、生徒一人ひとりに合わせた様々な方法で「わかるまで・できるまで」の指導を徹底し、「ほめる」ことで生徒たちの「やる気」を引き出しているからです。
この「ほめる」ことが「やる気」を引き出すということは脳科学で証明されています。
生徒たちは、「わかった」、「できるようになった」ことで勉強が苦でなくなり、向上心・向学心が芽生えてきます。学習内容が「わかる」、問題を解くことが「できる」ようになれば、だれでも成績がアップします。
成績を上げることは、非常に簡単なことです。